長門(NARUTO) (ながと)とは【ピクシブ百科事典】

長門 ナルト 長門 ナルト

✋ 「ペイン」と呼ばれている人物の正体は死体を改造した6体の操り人形であり、里のどこかにいる長門が輪廻眼の能力「外道の術」で操作していた。 小隊の名を「蛇」より「鷹」と改め、暁と手を組み、木ノ葉への復讐を決意する。

2

【ナルト】長門の強さが異常…悲惨な人生や性格、能力まとめ

長門 ナルト 長門 ナルト

☎ 里の平和のために自らの手で一族を滅亡させる道を選んだものの、弟のサスケだけは殺すことができず、それ故にサスケの自身への憎悪を身に受けながら里抜け後も常にサスケのことを案じて行動しており、後にトビは「イタチにとって、サスケの命は里よりも重かった」と語っていた。

NARUTO(ナルト)のネタバレ解説まとめ

長門 ナルト 長門 ナルト

☢ 自来也と同じく妙木山の仙術を習得したナルトに何体か倒されつつも、天道によって黒い棒を刺しナルトを行動不能にする。 ナルトは里に戻る前に予め仙人モードになっていた上、時間経過で切れた時のための仙術チャクラ供給用の影分身も妙朴山に用意していた• 夢:火影になること。 改めて天道でナルトと対峙するが、意外性忍者の信念の前に先ほどとは打って変わって劣勢。

長門(NARUTO) (ながと)とは【ピクシブ百科事典】

長門 ナルト 長門 ナルト

☣ 餓鬼道 「封術吸印」という相手の忍術(体術などの物理攻撃以外)を吸収して無効化する術を使用します。 赤髪に茶色の瞳の風貌。 以降は肉体が衰えていき、またこの時に半蔵の火遁の術により両足を負傷して歩く事ができなくなったため、機械を使わなければ移動もままならない状態だったことから、後述する「ペイン」を生み出し、それらを遠隔操作して表向きは「ペイン」として行動するようになった。

17

小南(NARUTO)

長門 ナルト 長門 ナルト

♨ その後、弥彦をリーダーとし組織を結成するも、里の実権を奪われることを恐れた雨隠れの長・半蔵の策略により弥彦が命を落としたことで絶望し「口寄せ・外道魔像」により半蔵を殺害し現在に至った。 角都の勧誘をゼツと共に行い、戦いに勝利し加入させた。 その後ビーにより鮫肌ごと雲隠れまで持ち帰られ、島亀にて忍連合の情報を探るべくスパイ活動を行うが、九尾の力を手に入れたナルトの感知能力で鮫肌に同化していることを見抜かれる。

5

小南(NARUTO)

長門 ナルト 長門 ナルト

🌏 そして、火影達の話を聞いたサスケは、木ノ葉を守ることを決意する。

3

長門(ペイン)の名言・名セリフ|NARUTO

長門 ナルト 長門 ナルト

🚀 この呪われた世界に本当の平和など存在しない。 木ノ葉の里に帰郷したナルト達はカカシの推薦により、中忍試験を受けることになる。

16