パンター (ぱんたー)とは【ピクシブ百科事典】

G パンター G パンター

😍 Mechanicsburg, PA: Stackpole Books. 2㎜砲型の製造以外には対策をとることはなかった。 しかし、VK3002は当初35tクラスの予定から設計段階で重量が大幅に増加した上、設計がほぼ完了した時点でヒトラーの要求で車体前面装甲を60mmから80mm、砲塔前面を80mmから100mmへと強化したため、当時のクラスの約45tの重量を持つ「中戦車」として完成した。

14

パンター戦車(パンテル、パンサー)

G パンター G パンター

🌏 1945年1月以降にもなると、ヤークトパンターの敵は敵戦車ではなく、燃料不足、補修部品の不足、初期不良、生産遅延であった。 また時期は不明だが、砲塔上面中央にペリスコープ・ガードと酷似した形状のアンテナ基部の装備が始められたが、これはごく一部の車両が装備しただけに留まっている。 これを受けたMAN社は、D型の砲塔用開口部に開閉可能な木製の蓋を付け、簡易クレーンを装備した暫定型を12両製造、6月にはラウヘルト戦車旅団に送られ配備された。

9

1/144 V号戦車パンターG型(鋼製転輪) ドイツ,戦車・装甲戦闘車両 の販売 DAMEYA

G パンター G パンター

😄 砲塔を搭載しないことから主砲を指向できる射界は左右22度に限定され、この範囲外に敵が現れた場合にはその方向へと車輛ごと旋回する必要があった。

1

【モンスト】パンターG(獣神化)の最新評価!適正神殿とわくわくの実

G パンター G パンター

🎇 ただし、強力な前面装甲に対し側面装甲は半分程度の厚みで、特にD・A型は燃料タンクのある車体後部を容易く射貫され炎上することがあった(但し、側背面の装甲が薄いのは本戦車に限ったことではない)。

ドラゴン パンターG後期型: 戦車模型製作日記

G パンター G パンター

✍ 弱点だった車体側面装甲が若干強化されている反面、被弾率の低い車体下部前面などは逆に削られた。 前者はヤークトパンターG1型、後者はヤークトパンターG2型と分類された。 コンパクトかつ高出力の HL230P30水冷4ストロークV型12気筒ガソリンは700馬力を発揮。

18

V号戦車パンターG型

G パンター G パンター

💙 また初期型においては燃料系の漏れ対策が不十分であり、エンジン区画への燃料漏れ、火災など数々のトラブルが発生し、実戦デビューは大失敗に終わる。 このHL230 P30エンジンは通常のV型エンジンと異なり、両シリンダーバンク位置が長手方向にオフセットされておらず、コンパクトさを特徴としたが、逆に故障を促進する結果となった。

7